夜に働けない事情があるなら昼間に働いちゃいましょう

スナックバイトで働くオススメポイント

実は昼間でも働くことができます

主婦の友達にスナックで働いていることを伝えると「凄く楽しそうだね!」と興味津々になっていました。
主婦の友達もちょっとスナックで働いてみたいなと口に出していたのですが、基本的にスナックの営業時間は夜から深夜ですので家庭がある主婦や、フルタイムでスナックで働きたいと考えているOLさんはスナックで働きたくても働くことができないのです。

スナックの良いところは高い時給でありながら、キャバクラのように無理なノルマを強いられることもなく働いている時間帯は楽しくお酒を飲んでお客様の相手をしたり、時々カラオケを歌ったりと「自分が遊んでいるのではないかな?」と思うような仕事です。

だから昼間にスナックで働きたいという人が続出するのも何だかわかるような気がしました。スナックは基本的に夜しかないと思い込んでいたので、主婦の友達もちょっと諦め気味になっていました。

しかし最近では午前中に営業しているスナックも増えてきているそうです。昼間に営業しているスナックの客層は深夜の仕事をしている労働者や夜になったら寝てしまう高齢者の方がこのスナックへ遊びに来るそうです。

昼間に営業しているスナックでしたら、普通の主婦でも働くことができますし、日中に高収入のアルバイトをしたいと考えている女の子には最適の職場ではないでしょうか。それに夜のスナックよりも昼間に営業しているスナックのほうが健全な感じがしますよね?

日中でしたらおひさまも出ていますし、お客さんだって昼間から無茶苦茶飲んで暴れるような方はまずいらっしゃいません。なので夜のスナックで働くよりもかなり働きやすい環境ではないかなと思いました。

それに親御さんと同居されている女性でしたら、日中のスナックでしたら案外すんなりと許してくれるのではないでしょうか。親御さんも日中だったら変なお客さんもいないし仕事が遅くなって、夜道を一人帰宅することがないから安心して昼間のスナックへ働きに出させてくれると思いますよ。

それにこの時間のスナックの雰囲気はかなり和気あいあいとしていて、穏やかで元気な高齢者のお客様が楽しそうに昔の歌をカラオケで歌いながら乾きものを食べて焼酎をちょっとだけ飲む程度です。お昼の空いた時間を利用することが出来ますし、お給料も他のパートで働きにでるよりも高くなっているので、とても良いと思います。ですから、本当に無茶がない健全な飲み場になっています。こうした場所でしたら普通の女の子でも長いこと勤務することができそうですよね!

©2014 スナックバイトならば給料も時間帯も好条件